体育の授業の無駄さは異常

前にも、学校教育に対する疑問について書きましたが、そのことについて深く考えてみると、中でも体育の授業はいらないのではないかと思い浮かびました。

私も小・中・高と体育の授業、特に好きでもないスポーツをやらされてる時は憂鬱でした。球技大会もプレッシャーを感じていました。

www.wander245.com

↓こちらの記事を読んでみてください。

学校教育から体育を全廃すべし | 青木育志の書斎

上のリンク先の記事のコメント欄は、記事の内容に賛成・同意した意見が殆どでした。特にトラウマ体験からくるコメントが多かったです。

事故が起きれば最悪の場合、死亡、命は助かったとしても半身不随等の後遺症で身体障害者と化してしまったり、苦痛のトラウマによる一生消えない心の傷を撃ち込まれる事態に陥る危険もあり、社会へ出られなり、人生が終了する弊害を引き起こしてしまいます。

以前と今回の記事をトータルで考えたら、学校はニート生産工場にもなる可能性も否定できません!

体を鍛えるなら、スポーツクラブ・ジム等の個人でやることに事足ります。

スポーツは好きでやりたい人だけでやればヨロシ!

では。